腱引きってなぁに?


人間には200ほどの骨と600以上の筋肉があり身体を構成させています

これら多数の骨格を繋げているのはすべて腱(筋肉)です

骨格の歪みの原因は関節を取り巻く、腱や筋肉が硬くなりバランスが崩れることで生じます


日常の間違った姿勢・習慣・急な衝撃や動作などで、

腱が収まっていた位置から外れたりねじれたりします。
正しい位置にない腱(筋肉)は、普段より遠回りして骨を引っ張るので関節にも負担がかかります。

そのため全身のバランスが崩れ、骨格も歪み、関節の可動域が狭くなり故障をもたらす

原因となります。外れた腱を正しい位置に戻し、最適に動ける状態に腱を納めていきます


整形外科などの医療機関では痛みや不調で受診した際「MRIやレントゲンを撮りましょう」となりますが、レントゲンに写るのは骨の状態だけで肝心の筋肉や腱のねじれはレントゲンに写りません

骨折などの異常が無い限り、腱(筋肉)が原因である可能性が

高いのでそこをしっかりと診る必要があります。

腱引きの特徴は痛みの原因である腱(筋肉)の

捻じれやズレを瞬時に読み取り、定位置へ整復していきます 


腱引きはマッサージのように筋肉を押しているように見えますが、むしろ反対。腱を引く技術です
ピンと張られている腱を指先で引っかけるようにして弾き、刺激を与えるとともに、正しい位置に戻します。 筋肉は揉まれると、外れている腱を外へ外へと押し出したり、さらに強くねじれさせてしまうことがあります。

 


腱引き療法は「東洋医学」の一つ

 

ゆるやかにからだの流れを整え自己治癒力を引き出す鍼灸・気・経絡などに比べ、

施術対象・方法・効果が明確な腱引きは直接的な療法だといえます。
特に腱という根本的な原因にアプローチしますので「一撃改善」する例が多く見られます。
急性のぎっくり腰・野球肘・ねんざ・肩や膝などの可動域(屈伸不全)など改善率が高いです。